Back to Top

 

毎年4月2日は国連の定めた『世界自閉症啓発デー』

 

(発達障害啓発週間 4月2日~4月8日)

ブルーは静寂と癒しの色。静かに時間を刻めるよう。穏やかな心でいられるよう。この日、青い思いが世界をつなぐ。

ブルーライトアップする施設とLight It Up Blue キャンペーン参加施設はホームページにて紹介されています。http://happy-autism.com/

 

世界自閉症啓発デーとは

国連において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」と定め、 全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組が行われています。

日本でも実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害に ついて、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップの

活躍など、広く啓発する活動が行われています。


誤解されやすい自閉症

自閉症は「常に自分の殻に閉じこもっている」「親の育て方が原因 では」と思われることがありますが、これは正しくありません。

脳の発達の仕方の違いから「他の人の気持ちや感情を理解すること」 「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」「一般的な常

識と思われることを身につけること」などが苦手です。このため、真面 目に取り組んでいても、誤解されることがあります。


自閉症の人が暮らしやすい社会へ

自閉症の人々は、周りの人たちには理解できない行動で、多くの人々の目には変わった行動に映るかもしれませんし、理解しにくい人

たちと思われるかもしれません。自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、「よい点」を見つけるようにしていただくと、

自閉症の人々は社会の中で生き生きと暮らすことができるのです。


自閉症の人を見かけた時の対応

自閉症の人には、会話が苦手な人が多くいるため、その人に応じた わかりやすい説明をお願いします。例えば、その人が理解している言葉を

知り、その言葉を使うことや、写真や絵で説明する、短い表現で 話すなど、少しの工夫で理解しやすくなります。また、過敏で、人混みや

大きな音、光といった刺激を苦手とする人が多くいます。新しい事などに、困って混乱することがあります。それを叱って教えようとすると、

余計に理解できなくなったり、将来に悪影響を及ぼすこともあります。

どうすればよいのか、正しい方法をできるだけ具体的におしえることを基本に、穏やかに根気よく接してみてください。



世界各地や日本各地でブルーライトアップが行われています

ブルーライトアップレンタルPackageプラン

【青い照明の意味】

周囲の環境によって心の平穏を保ちにくい 自閉症の人たちが落ち着きを取り戻せる癒しの色として選ばれました。

【レンタル期間】

毎年4月2日~4月8日迄(ご協賛者様共通)

 

小スぺ―スや壁面を活用したものから大規模なものまで

参考料金1式 100,000円~350,000円

7日間レンタル

ディスプレイ・設計・設営・撤去等、すべてコミコミのお得パッケージです

まずは!ご予算・規模・設置場所に応じて

イメージパースをご提案させていただきます

  • 施工は釧路管内に限ります

  • 消費税はは別途掛かります。

  • 電気料金はお客様のご負担となります。

  • 電源はお客様所有の建物から敷設させていただきます。

  • 期間中の悪天候等(予想含む)による養生や保守点検を含みます。

  • プラン料の10%は自閉症の啓発活動を行っている事業団体へ寄付いたします。